読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都機械工具の「買い替え」ならこのお店 2017年度

格安
ビードも落としやすいです。他に安いタイヤレバーも売ってますが、ここはやはり信頼のKTCを選びました。先端が薄く、グリップも持ちやすくとてもいいです。

こ、これですっ♪

2017年03月18日 ランキング上位商品↑

京都機械工具タイヤレバー MCOL-260 KTC(京都機械工具)【あす楽対応】

詳しくはこちら b y 楽 天

ただ、ラジアルタイヤ交換に使いましたが全く歯が立ちませんでした。他のタイヤレバーが使えなくなります。微妙に使いづらいです。同時にPBのレバーも使用したのですが、ビートを落とす時に、押し下げると地面にグリップの部分がつかえてしまいもう一押しが出来なかったのですが、このレバーでは難なくできました。KTCのタイヤレバーは先が薄く引っ掛けやすいので!タイヤ交換がスムーズに行えます。バイクのタイヤ交換するために購入しました。今回KTCのレバーを1本だけ買ってみました。原付のタイヤ交換をするのに購入しました。色んなレビューとかを見て購入しました。買って後悔しない優れものだと思います。KTC製品は先端の形が独特で心配でしたが!いざ使ってみるとホイールに傷も付きにくいし!とても使い勝手が良かったです。が!先端の少し手前でS字にカーブしているために!レバーがタイヤ側面のブロックに当たってしまいます。PB製はノンブランド品がそっくりな形を安価に販売してるので購入意欲が失せました。もっと大きな工具を使えばって話でもなかったですね業者に任せるに限ります。他のレバーもそれなりに使い易い物なのですが、KTCの方が先端が薄く、2段階に曲りが付いていて角度も浅目なので、2段目のタイヤ上げの際にその威力が発揮されます。出来る出来ないは作業方法やスキルによりますので何とも言えませんが!個人的には全長や!先端の厚みグリップ部分などが他のものと比較して!バイクのビートを落とすのには適していると感じました。3本購入しましたが2本で十分だと思います。しかし、使ってみた感じではオフロードタイプのバイクのタイヤ交換には向かないと思います。別タイプと二つ用意しておくことで、何かと使い勝手がいいです。安レバーとの比較では、作業効率は雲泥の差で、もう一本これが欲しいと思いました。もう一本360mmくらいのストレートタイプがあればたいがい事足ります。オンロードタイヤの場合なら使いやすいかもしれません。KTCの別のタイプと同時に購入です。160幅のタイヤのビートを落とす時に、非常に使いやすい長さでした。ナップスでPB!KTC!その他ノンブランドを手にとって先端薄さ!カーブ具合!長さ!重さ!握り具合など試しつつ!下準備で調べたネット情報を考慮してKTCに決定しました。前回、購入したのですが追加でもう1本購入、KTCにしてからチューブの噛込みが無くなり、タイヤ交換が楽になりました。まだ使っていませんがさすがKTCって感じです!(^^)d安い工具ではホイールに傷が付くのが避けられないので!思い切って名門品を買う決心をしました。